弁護士コラム - COLUMN

2011年4月

2011年4月18日 月曜日

大震災から1ヶ月経過して

平成23年3月11日の大地震、そして、大津波から一ヶ月あまりが経ちました。

テレビや新聞で、報道される被災地の実態や福島原発事故の脅威を考えると将来の展望を予測することも恐ろしくなります。

現実に、津波等の被災、原発の放射能からの逃避で避難所等におられる方にはお見舞い申し上げます。

現実の被害の少なかった仙台の中心部にある当事務所は、一つでも現実に被災なされた方の力になり、現実に被災なされた方が生きていくことに協力できればと考えております。

かかる観点から、当事務所は東日本大震災の復興にお役に立てればと思っております。